spec5zigen

Works
一覧に戻る

あぐー豚しゃぶと地産野菜 VIVO

Tag

Credit

  • Client

    あぐー豚しゃぶと地産野菜 VIVO
  • Director

    shoji nakada
  • Art Director

    yuuki urushibara
  • Designer

    yuuki urushibara
  • Markup Engineer

    michiyo ueno

Detail

東京の西荻窪にある『あぐー豚しゃぶと地産野菜 VIVO』のサイトを制作しました。
このお店は、南口にある『ワイン厨房 クオーレ』の姉妹店としてオープンしました。
沖縄の幻の豚と呼ばれる『あぐー豚』と加賀野菜や京野菜などを中心に新鮮な食材をしゃぶしゃぶで食べさせてくれるお店です。

しゃぶしゃぶは焼肉と並ぶメジャーキーワードですが、焼肉店のように頻繁にお店に行く機会が少ないので、できるかぎりサイト内でお店のこだわりや美味しさを伝え興味を持ってもらい問合せが行くようにしたかったので、サイトのコンセプトを『美味そうなサイト』とし制作をスタートさせました。
この店の売りは豚しゃぶなんですが、それだけはインパクトが弱いので吟味された素材をどうやって前面に出しPRできるかと考えました。
SEOからの戦略を考えたのですが、やはり『しゃぶしゃぶ』『豚しゃぶ』『西荻』などの検索キーワードでは検索頻度が非常に少ないのが分かりました。素材が良いので一度食べたら絶対に美味しいと感じ口コミしたくなると思いましたのでサイトへの集客は、SEO対策は普通に行いSEMや止めて食べログやFacebookなどの外部サービスを使い口コミによってアクセスできるような導線を重視しました。

デザインに関しては、このお店の売りである『あぐー豚』と『地産野菜』を中心とした全国の美味いものを匂いまで伝わらないにしても、サイトを見ながら唾がでるような感じや予約した後にどんなお店だろうか?美味いんだろうか?とワクワクしながらお店に行く事ができるようなイメージを考えました。
西荻窪の土地柄が閑静な住宅街である為、高齢者の方も多く住んでおり情報を分かりやすく整理する必要がありましたので、コピーをうまく使い、シズル感のある写真をたくさん撮影しデザインに落とし込みました。

お店をオープンしてから数ヶ月経ちますが、狙い通りFacebookページのいいね数も増えており集客に繋がっているようです。まだまだ、これからのお店なのですが、弊社としては、集客に繋がるようなPRプランを色々と考え展開して行こうと思います。

重要なお店の味ですが、お世辞抜きで美味いです!!これが制作のモチベーションにも繋がっていたります。都心から少し離れた場所にありますが、足を運んでも後悔しないお店だと思いますので、興味がある方はチェックしてみてください。

image
Top